リハビリテーションの現場で働こう

患者と向き合う大切さ

リハビリテーションでは病気や怪我をしている人が身体や心の病を回復できるように、治療のサポートをしています。様々なスペシャリストがリハビリテーションの病院や施設などで、自分自身の知識や技術を使って患者のために手助けをしています。運動やマッサージなどを通じて、機能の回復を促すのが理学療法士です。障がい者や高齢者に対して様々な作業でリハビリをするのが作業療法士です。

この他にも言語聴覚士や視能訓練士、臨床心理士など、様々な資格を持つスタッフが協力し合って、患者と接しながら社会復帰をサポートしていきます。それぞれの施設や病院で治療をしていきますが、規模によって自分が取得している資格を活かせるかどうかが変わってきます。規模が大きな病院や施設であれば様々な資格を取得している人が採用されています。

患者のために身体と心の両面をサポートができることが必要であり、リハビリテーションの職場で働く人たちの使命になります。人のために仕事がしたいと思っている人や、社会貢献したいという強い気持ちを持っている人に向いている職場になります。だからこそ患者の目線でサポートできる人がこの仕事に向いています。