リハビリテーションの現場で働こう

リハビリの仕事

病気や怪我から社会復帰したいと思っている患者をサポートするリハビリテーションの現場で働きたいと思っている人は、様々な資格を取る必要があります。国家資格が必要な職種として、理学療法士や作業療法士や言語聴覚療法士が挙げられます。資格取得後は病気や怪我で社会復帰をしたいと思っている人のために、様々な角度からそれぞれの資格や知識を持っている職員がチームを組んで仕事をしていきます。

何かしらの原因で身体に障害を持っている人が、できる限り元通りに元気になれるように、資格を持っている職員が様々な医療技術を用いて、一緒にリハビリをしていきます。さらに障害を回復したり、今以上に身体機能が低下することを予防するために患者に対して医療指導もしていきます。

理学療法士や作業療法士や言語聴覚療法士としてリハビリテーションの現場で働きたいと思っている人は、資格取得のために専門学校などに通って知識や技術の習得をします。学校で学び国家資格を取得して、実際の現場で働きます。人の役に立つ仕事をしたいと思っている人が、医療や福祉の現場でリハビリテーションの職員として働いています。